作・千葉麻里絵  絵・目白花子
第51話 │ 2019.8.30 (金)

教えて麻里絵さん 拡大版 その21

単行本「日本酒に恋して」好評発売中! よろしくお願いします。

詳しくはこちら。

■千葉麻里絵さんが出演したドキュメンタリー映画「カンパイ! 日本酒に恋した女たち」が公開中!

詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

  

●教えて麻里絵さん 拡大版


 

◎オススメのお酒

 

みむろ杉 ろまんシリーズ

「純米吟醸 山田錦(左)、特別純米 辛口 露葉風(右)」

醸造元/今西酒造(奈良県)

 

酒の神が鎮まる地と言われる奈良県の三輪。酒造り発祥の地として大神神社が

ある場所としても有名です。ここで350年以上酒造りをしているのが今西酒造。

御神体「三輪山」の『飲めば万病に効く』という伏流水(やや軟水)を仕込み水として

います。ろまんシリーズはジューシーで味の乗りが良いので、若い人に人気が

近年高まっています。

  

麻里絵ポイント●

純米吟醸 山田錦

雨あがりに木々の葉っぱの上に滴がぽたぽたのっているのを見て、なんて美しいんだろう

という気持ちになったことがあります。それを思い出すようなイメージで、まるで白樺の樹液を

いただいているようなおだやかな甘さが口の中を包み込みます。造り手、今西さんの

チャーミングだけど完璧主義的な仕事が酒質に現れていて鳥肌が立ちました。

香りに頼らずに、舌の幸せを感じるために造られたお酒だと感じます。

 

特別純米 辛口 露葉風

白いキャラメルを思わせる香りは、はやく口の中で転がしてみたくなる衝動に駆られます。

飲むと口内に広がるボリューム感をキチッとラストで切ってくれるメリハリの付け方が素晴らしい。

露葉風という奈良県のお米には、土っぽいフルボディーな感覚を受けます。

少し温めて、穴子の白焼きに山葵をたっぷりとつけたものと合わせるのが私のオススメです。

      
 

◎オススメの飲食店

  

 「希紡庵」

 

JR池袋駅の西口から8分ほど。以前は東口で営業していましたが、こちらに移って7年目に

なる日本酒専門店です。ビルの6階で気軽に入れる雰囲気ではないのですが、店内は明るく

広々としていて女性のお一人様に人気です。常時80種類以上のお酒が揃っているので

選ぶ楽しみがあり、内容は固定なく変わっていくので頻繁に来店してもワクワクが止まりません。

気さくな店主の日本酒の解説も心地よく、日本酒好きには憩の場所だと思います。

  
■この日に選んだ肴は左上から、かつおのたたき、サザエのつぼ焼き、ほろほろ鳥もも肉の塩焼き、イワシの干物、じゃが芋のバター煮。

日本酒に合う小ぶりでシンプルな肴が豊富です。岩手県・石黒農場のほろほろ鳥や久慈ファームの佐助豚、

静岡県・ヤマショウの富士山の天然水と塩のみの無添加干物が人気です。お酒も60mlから提供されて

いるので、初めての銘柄を飲み比べて好みを探すのもお楽しみ。珍しいお酒と出会う確率が高いので

得した気分にもなれる嬉しいお店です。

  
店主 渡邊元康

麻里絵ポイント●

こんなところに日本酒のお店があるの? 雑居ビル6階の扉を恐る恐る開けると、

そこにはシンプルな佇まいの空間が現れます。

カウンターに立っているのは日本酒を愛してやまない店主こと、モッティー。

自分から多くを語ることはほとんどありませんが、たずねると適度な距離感で

日本酒について優しく教えてくれます。このお店の魅力は、いつ行っても飲んだことのない

珍しい日本酒を提供していただけるところ。肴もまさに日本酒を飲むためにあるような

「酒呑みの心を分かってるなぁ」という少し手の込んだスタンダードなものが揃っています。

どこからこんな日本酒を見つけてくるの? というくらいアンテナを張っている店主のお店で、

日本酒談議に花を咲かせるゆったりとした時間を楽しんでください。

 

●日本酒BAR 希紡庵

〒171-0021 東京都豊島区西池袋3−31−15

電話:03-3987-7518

営業時間 火〜土17:00~23:00※LO22:30 、日15:00~21:00 ※LO20:30

木・金のみランチ営業あり(限定)11:30~13:30     月曜定休

店内禁煙、日本酒を飲まない方と4名以上のグループはスペースの関係で

ご遠慮いただいております。

詳しくはこちら。

 

不定期更新

前の話へ 次の話へ
作品紹介ページへもどる
人気ランキングをみる ホーム