作・千葉麻里絵  絵・目白花子
第038話 │ 2019.1.31 (木)

教えて麻里絵さん 拡大版 その11

単行本「日本酒に恋して」好評発売中! よろしくお願いします。

詳しくはこちら。

   

●教えて麻里絵さん 拡大版

 
 

◎オススメのお酒

 

「酉与右衛門」(よえもん)

純米 無濾過生原酒

醸造元/合資会社川村酒造店(岩手県)

 

今回紹介したお酒は2015年の仕込みで2018年に出荷されたものです。

岩手県の亀の尾米を100%使用しています。生熟感なのか舌の上に穀味が

広がり余韻を残しつつキレていきます。淡い酸味も感じられ、食事に合わせやすく

温度変化も楽しめる品行方正なお酒です。

 

麻里絵ポイント●

フレッシュなお酒や火入れの熟成には無い、艶めかしい質感が生酒の熟成にはあります。

その世界観を持つのがこのお酒です。思わず抱きしめたくなるほど好みです。

開けたての生原酒の鼻につーんと刺さる感じは、まるで山葵のよう。無くては物足りない刺激そのもの。

空気に触れるとそのビリビリ、ツンツンしたものは、しなやかな刺激に変わり、同時に凝縮した

旨味とコクが押し寄せてきます。あなたも、この世界観を是非体験してみてください。

 
 

◎オススメの飲食店

「namida」(なみだ)

 
(PHOTO BY TAKUO SATO)

京王井の頭線 下北沢駅 西口から2分ほどの路地の奥にあります。

焼き鳥屋さんの横を入って進んだ先にある、白い大きな暖簾が目印の和食の小料理屋。

  

3500円、5000円、8000円の3種のコース料理になります。そのため来店前に電話での

問い合わせやご予約が必要です。ドリンクは日本酒がメインですがワインなどの用意もあります。

松の司、竹鶴、日置桜、綿屋、七田、天吹、酉与右衛門など多数のお酒がありますが

メニューは無く料理に合ったオススメの中から選ぶスタイルになります。選んだお酒に

寄り添うように料理に細工をして出してくれる、大変手間のかかるサービスをさらりとおこなう

心憎いお店です。

   

店主 田嶋善文

●麻里絵さんのワンポイント イケメン白髪店主タッシー。

抜群のオーラがある店主の田嶋さんはどこまでも料理、お酒を追求し続ける素敵な方。

お店で出される料理は旬の食材を中心に丁寧に仕事された和食が基本なのですが、

そこに遊び心というスパイスが加わっています。果物、チーズ、オイルを和食に

取り入れるお店は増えましたがnamidaの使い方はどれも秀逸でいてお茶目。

ベースがしっかり美味しいので遊びの幅も自由自在。それに合わせた日本酒、ワインを

出していただけます。料理とお酒の組み合わせのライブ感が、コンサートに行った時の感覚のように

自然と身体が揺れるかのような心地よさをもたらします。美味しいものが大好きな人と

特別な時に行ってすべてを委ねてしまうのがオススメです。

田嶋さんの世界観をぜひ体験してみてください。

 
(PHOTO BY TAKUO SATO)

●namida

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2−28−7 エルフェアシティⅡ

電話:03-6804-7902

営業時間 18:00~25:00  不定休

詳しくはこちら!

 
(PHOTO BY TAKUO SATO)
 

毎月2話更新

前の話へ 次の話へ
作品紹介ページへもどる
人気ランキングをみる ホーム