作・千葉麻里絵  絵・目白花子
第037話 │ 2019.1.16 (水)

教えて麻里絵さん 拡大版 その10

単行本「日本酒に恋して」好評発売中! よろしくお願いします。

詳しくはこちら。

   

●教えて麻里絵さん 拡大版

 
 

◎オススメのお酒

 

「無窮天穏 天雲」(むきゅうてんおん あまくも)

醸造元/板倉酒造有限会社(島根県)

 

アルコール度数を抑えた(13〜14度)生酛純米吟醸酒です。ゆったりと漂う天雲のように

味わいが広がるお酒を目指して命名されたようです。冷酒から燗酒まで楽しめますが、

燗酒がいい感じ。穏やかな幸福感に満たされるという蔵元の言葉通りです。

 

麻里絵ポイント●あぁ、お米のお酒なんだな〜って。ただただ気持ちが落ち着くお酒です。

畳の上で寝転がりながら自宅で、そこらへんにある酒器なんかで飲みたい。

私は気心の知れた人と何も考えずにリラックスしながら飲んでいたいお酒だなと思いました。

飲み手にお酒から寄り添ってくれる懐が深いお酒。生酛の自然の力が奇跡をもたらす旨味の幅が

燗酒にした時にズルいくらいに発揮されます。多くを語るにはもったいない、ちょっと・・・凄い酒です。

  
 

◎オススメの飲食店

「火弖ル(ほてる)本店」

 

吉祥寺駅 北口から4分ほどの裏路地にあります。地元で人気のお店です。

店主の小倉さんは「オススメの料理なんかないですよ」と言いますが連日、 大学生から年配の方まで

幅広いお客様で賑わっています。 こだわりのない所がこだわりで、普通のものをちゃんと普通に出せるかに

気配りを しているそうです。美味しいレモンサワーと下町ハイボールが人気です。

日本酒は店主が選んだお酒をフラットに楽しめます。創業から5年目の 比較的新しいお店ですが

店内は落ち着いた品格があり、ゆったりと 浸っていたい雰囲気に満ちています。

近所には小倉さんが営む熱燗専門店「カイ燗」もあり、一人で日本酒を まったり楽しみたい方はこちらのお店もオススメです。

 

●麻里絵さんのワンポイント

「今日、吉祥寺のホテルに行かない?」 初めての方はエッと驚いたリアクションをしてきます。

このやりとりが個人的には好きなんですが、 どっちの驚きなんだろう(笑)。火弖ルは創業5年と新しいのに、

かすれ具合がたまらない大衆居酒屋。 私の場合はずらりと並んでいるメニューを眺めながら、

とりあえずレモンサワーを飲み、時にはホッピー。 ハムカツと鰯の海苔巻きはマストです。

大好きなコの字カウンターで各々がお酒を楽しみながら 創り出す空間がたまりません。

気分が良くなったところで、そろそろ日本酒かなぁと自然に思考がギアチェンジ するのはカウンターに置かれた日本酒が、

センスの塊だからだと思います。 お店のいたるところに店主のセレクトが光ってるんですが、それを

ごく普通にやってしまう方なのでなんとなくもう一回、もう一回と通っている・・・という中毒性のあるお店です。

 

●火弖ル 吉祥寺本店

〒154-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1−30−14

電話:0422-23-8033

営業時間  平日16:00~24:00  日曜16:00~23:00  不定休

 

●カイ燗

〒154-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1−25−6 辻ビル2階

電話:0422-21-8474

営業時間 18:00~24:00  日曜定休

 

毎月2話更新

前の話へ 次の話へ
作品紹介ページへもどる
人気ランキングをみる ホーム