作・千葉麻里絵  絵・目白花子
第029話 │ 2018.9.14 (金)

教えて麻里絵さん 拡大版 その2

 

単行本「日本酒に恋して」11月30日発売! よろしくお願いします。

 

●教えて麻里絵さん 拡大版

 
 

◎オススメのお酒

 

「田中六五」

醸造元/白糸酒造(福岡県)

 

糸島産山田錦の純米酒になります。素晴らしいお米を

心意気で醸し、伝統のハネ木で優しく搾りました。

山田錦の田んぼの中から生まれた65%精米のお酒です。

 

●麻里絵さんのワンポイント

最初はキレイで隙のない無機質な、色を持たないお酒という印象でした。

ちゃんと向き合ってみると、口に含んだときに綿菓子みたいに溶けるような儚い味わいに気づきます。

これは山田錦を細マッチョの肉体に育てたような印象で、バランスが何ともいえない魅力を放っています。

触りたくなる洗いたての真っ白な、柔らかい肌触りのタオルのようなお酒と感じました。

  
 

◎オススメの飲食店

  

「稲水器 あまてらす」

 

JR池袋駅東口から早足で約5分ほどになります。

店主が直接足を運んだ蔵元のお酒を厳選して提供する、

日本酒にこだわったお店。鮮魚を中心としたメニューには

どれも個性があり酒好きに人気です。

 

●麻里絵さんのワンポイント

店主の古賀さんに出会ったのは、まだ彼が大塚の名店『串駒』で働いていた時です。

古賀さんの言葉には圧倒的なパワーがあり、本当に衝撃的でした。蔵元のお酒をリスペクトし『顔が見える

お付き合い』を、彼の言葉で表現していました。お酒に風景が見えたのです。

私もこんな風に日本酒を伝えたいなぁと憧れと尊敬をいただいたのを覚えています。

それから私の日本酒の仕事の仕方は大きく変わりました。彼がいなければ確実に今の私はありません。

今ではたまに飲みに行ったり、お互いの近況報告をしあう仲になりましたが、今でも尊敬の念は消えません。

あの時、古賀さんに出会えた事に感謝しています。これからも切磋琢磨しあえる関係でいたいです。

 

店主 古賀哲郎

●稲水器 あまてらす

〒170-0013 東京都豊島区東池袋2−62−11

電話:03-6912-9191

営業時間:18:00~(LO23:00)

日・祝のみ(LO22:00) 不定休

詳しくはこちら。

 

毎月2話更新

前の話へ 次の話へ
作品紹介ページへもどる
人気ランキングをみる ホーム