疲れているのはカラダ?ココロ?立ちどまって考えてみた

不定期更新

倉橋エミ、34歳 休職させて頂きます。 / おおがきなこ

倉橋エミ、34歳。ただいましばしの休職中。

社会人として働いて10年ちょっと。
毎日なんだか疲れたなぁ…と感じていたのは
カラダだったのか、ココロだったのか。

「自分探し」って歳でもないけど、なんて思いつつ
少し立ちどまってアレコレ考えてみるーー

Vol.008  単行本化のお知らせ

Vol.007  34歳の迷子

Vol.006  石ころみたいな精神力

Vol.005  今度は私の番

Vol.002  気づかいのアルガンオイル

Vol.001  いつも笑顔でエライよね

PROFILE作者プロフィール

おおがきなこ

漫画家・イラストレータ―。1984年生まれ。

Instagramやnoteにて描いている、
喫茶店の漫画や飼い犬とのエッセイ漫画が
「かたくなったアタマやココロをほぐしてくれる」
「優しい気持ちになれる」と話題を呼ぶ。

人の心の些細な葛藤をしつこく掘り下げていくのがスタイル。
座右の銘は『嘘を描くな』

インスタグラム:@kinakonoe

https://www.instagram.com/kinakonoe/

関連商品

今日のてんちょと。

東京の下北沢にある珈琲専門店『こはぜ珈琲』を舞台にした
話題沸騰WEB漫画がついに書籍化! !

知り合いに言われた何気ない一言でモヤモヤしたり、イライラしたり、
繰り返しの毎日を退屈に感じてしまったり――。
いろいろあった一日の夜、誰かに話を聞いてもらいたくて、
ふらっと寄りたくなるのがこはぜ珈琲店。
この漫画は、こはぜ珈琲の店長こと『てんちょ』と
珈琲店に訪れるお客さん(女性が多め)との群像劇です。

てんちょとお客さんの会話で描かれる短編漫画には
「あるある」と共感できたり、
店長の言葉にハッとさせられたり、
ジーンとさせられたり、切なくなったりと、
読むと、なんだか心がギュッとなるはず。

「こんな珈琲屋さんが近くにあったらいいのになぁ」と思わずにはいられない、
美味しいコーヒーと一緒に繰り返し読みたくなる、心温まる漫画です。

【こはぜ珈琲店は実在しますが、描かれているお話はすべてフィクションです。】
人気ランキングをみる ホーム